Blogブログ

最新情報をブログでにてお届けいたします。

安い生地でも「高級感」を出す方法はあるの?

高級感を出すためにはサイズ感にこだわるべし!

スーツの価格と質は、ほぼ比例するため、高額なスーツを着れば高級感が
出るのが一般的です。

しかし安い生地のスーツを選んでも、高級感を出す方法はあります!

次のポイントを意識すれば安い生地でも「この人は他の人と違うな」と
思われるようなスーツコーデに仕上げることが可能です。

★サイズ感

安い生地のスーツで高級感を出すためにはサイズ感にこだわることが最も重要。

逆に高額なスーツを着ていてもサイズが合わないと「だらしない」「安っぽい
という印象になります。

例えば2万円のジャストサイズのスーツを着ている人と、10万円のサイズの合わない
スーツを着ている人がいるとします。

2人を見比べて「高級感があるな」と感じるのは間違いなく2万円のスーツを
着ている人でしょう。

それくらいサイズ感というのは大事なんですね!

そのため肩やウエストのサイズだけでなく、袖や裾の長さにもとことん
こだわらなければなりません。

スーツを購入する際は、以下のサイズ感を参考にしてフィッティングをしましょう。

★肩…ジャケットのボタンをとめた状態で反対の手で肩を1cmほどつまめる
★ウエスト…ジャケットのボタンをとめた状態で手の平を入れられる
★袖…腕をおろしたときにワイシャツが1cm~1.5cmほど見える
★裾…靴の紐に当たらないくらい(ノークッション・ワンクッション)

肩のサイズは特に重要。

スーツは肩で着る」という言葉があるように、肩のサイズ感で印象が大きく
変わるのです。

そのためまず肩のサイズをしっかり合わせることは大切です。

ウエストはゆとりを持たせ過ぎるとだらしない印象になるため、よく拳一個分
なんて言いますが、拳ではなく手の平をジャケットにするりと入れられるくらいが
ベスト。

袖と裾の長さは短くても長くても安っぽい印象を与えるため、様々な角度から見たり
手や足を動かしたりしてベストな長さを見つけましょう。

既製の安い生地のスーツを購入する場合は、すべてのパーツを自分のサイズに
合わせるのは難しいです。

しかし上記の4カ所のサイズを合わせるだけでも高級感が出るため、最低でも
上記の4つのサイズにはこだわりましょう。

良い靴を履けば誰もが納得するような高級感が出る!

「靴は人間性をあらわす」と言われるほど、ファッションにおいて靴は重要なアイテム。

特にビジネスの場では最初に靴を見られることが多く、仕事ができる人ほど靴の重要性が
わかっているためTPOに合った高級靴を履いているものです。

そのため安い生地のスーツを選んだとしても、靴は良い靴を選ぶことをおすすめします。

安い生地でもジャストサイズのスーツかつ良い靴を履けば、人目を惹くような高級感を出せます。

高級感のある人だな」「この人は仕事ができそうだな」と思わせるための靴選びの方法を
以下で見ていきましょう。

★ジャストサイズを選ぶ
★黒の内羽根のストレートチップを選ぶ
★高額な靴を選ぶ

靴もサイズ感が重要です。

サイズの小さい靴を履く人はかなり少ないと思いますが、サイズの大きい靴を履く人は
珍しくありません。

サイズの大きい靴を履くと一部分だけ不自然にへこんで、だらしない印象になります。

また靴の寿命を縮めるというデメリットもあるため、27cmや28cmなどの一般的な
靴のサイズを見て決めるのではなく、実際に靴を履いてサイズを確かめましょう。

カラーは黒を選べば間違いありません。

ダークネイビーなどのダークカラーのスーツに茶色の靴を合わせるのはNG。

足元だけカラーが違うと足が短く見えるからです。

黒の靴を選べば合わせるスーツの色を選ばない上に、縦長効果でスタイルも良く見えます。

デザインは外羽根やプレーントゥなどを選ぶとカジュアル感が強くなるため、ミドル世代の
ビジネスマンは選ばないほうが良いです。

フォーマルな内羽根のストレートチップを選んだ方がいいかもしれません。

ただし良い靴、つまりある程度高額な靴を選ぶことが重要!

安い靴と高い靴とではツヤ感やシルエットがまったく違います。

40代以降の大人の男性には、グッドイヤー製法やハンドソーン・ウェルテッド製法で作られた
イギリス式の靴が良いですね。

伝統的かつ男性的な高級感溢れるシンプルデザインで、スーツコーデ全体を引き締めてくれます。

良い靴は良い場所に連れて行ってくれる」ということわざを聞いたことがあるでしょうか?

このことわざのように、安い生地のスーツでも良い靴を履けば高級感が出て見た目が変わるだけでなく、
ビジネスにおいても良い変化が現れるかもしれません。

関連記事

大切なシーンで第一印象で勝つ!