Blogブログ

最新情報をブログにてお届けいたします。

ファッションには正解はなくても間違いはある!

1+1=2 3-1=2 9×9=81、
足し算、引き算、それに掛け算、
には必ず正解の答えがあります。

でも、ファッションには正解はありません!

分かりやすく言うと、員に通用する
たった一つの正解はないという事
と、

オシャレの受け取り方は人それぞれ、
見られる人によって変わるものだから、

しかしながら、間違いは存在します!

NGな着こなしや時代遅れすぎるファッションは
間違いなんです。

トレンドが1周して、リバイバルブームが
起こる事もありますが、それはその時に
オシャレになる物。

考えなしのファッションでは、やはり
ちょっと無理があると思います。

例えば、
地方のファッションと東京のファッション

このどちらにも対応できるのが本当の
オシャレ、という話を今回お伝えしたいと
思います。

よくある話の1つに、オシャレになるには
清潔感」だとか「サイズ感」だとか、
素材」だったりとか…という話は
よくある話!

本日は検索しても出てこない、また
その辺の万人向けの本にも出てこない、
事をお伝えいたします。

地方のファッションと都会のファッション?について考えてみる!

私は18の時、地元福岡から東京へ上京し
5年以上在住していました。

今でも数ヶ月に一度、行き来しているのですが、

そんな田舎と都会両方を見てきた自分が思う
違い、また都会でも通用するファッション
についてお伝えしたいと思います。

東京だとオシャレだけど地方では浮いて
しまう、ちょっとやりすぎ?

地方ではオシャレだけど東京では地味?

そんな東京と地方で生じるファッションの
違いについてなんですが、

場所によってオシャレの基本/基準は変わると
思いますし、正直かなりの違いがあると思います。

多くのメディアなどでは、ファッションとは
こうだと一貫して書かれています。

また、ファッション情報を流している
個人ブログなどもそうです。

そもそもそれは必ずしも正解ではないと
感じる事もありますし、もちろん自分が
これから言う事も絶対的な正解であるとは
思いません。

ただ、住む場所によっては違いがある事は
確かだと思っていますし、実感しています。

先にも言いましたが、これは今でも東京と
地方を行き来し、ファッションチェックを
している自分だからこそなんですが、

それは、雑誌やメディアなどのリード情報に
違和感を感じるのは住んでいる場所の違いが
大きく、都会では当てはまっても地方では
当てはまらない事があるから
なんです。

地方から上京して、東京の街中を歩いていると、
コスプレに近いファッションを見かける事も
多くあります。

地方にいれば一瞬で浮いてしまうと分かる
格好なんですが、不思議な事に東京では
それが自然と馴染んで見えます。

その恰好には賛否両論あるかもしれませんが、
東京の方で見ればその人たちが案外オシャレに
見えるのです。

もちろんやりすぎは論外ですが、ある程度の
ファッションは許容範囲です。

人それぞれ受け取り方はあると思うのですが、
それでも決して可笑しく見えない。

それが東京(都会)のファッションだと
思うんですよね。

いや、東京だと珍しくない、東京だから
通用するファッション、

こう言った方が正解かもしれません。

地方では浮いてしまう都会のファッション!

正直、地方で東京のファッションをすれば
浮くことが多いです。

私自身も苦い思い出があります!

例え流行(トレンド)を取り入れていても、
案外地方では、まだその流行をとらえきれて
いない事もあります。

昔と比べて現在はSNSなどが当たり前になり、
現在のファッションシーンなどはトレンドの
流れは速くなりました。

でも、地方の街を歩いていると、まだまだ
そこには壁があります。

オシャレ過ぎて浮く」と言う現象です!

地方の地方、つまり田舎に行くほどコレは
顕著に表れます。

そんな理由から、ファッションに不安を
感じることはあって当然だと思っています。

雑誌に掲載されているメンズ版の着こなしは、
東京で装うからこそ輝ける着こなしであって、

それを地方で装うもんなら「えっ?」となる
着こなしが多数掲載されています。

もちろん自分はメンズ版の雑誌は好きで
読んでます。(メンズEX・メンズCLUB・レオン)

でも、そのすべてを受け入れるのは難しい
雑誌なんですよ。

そもそも、地方には服を好きになるきっかけがなさすぎる!

ハッキリ言って、首都圏以外の地方に
住んでいると、ファッション雑誌で
これが流行(トレンド)!
なんていう特集を読んでも、身の回りで
そのものズバリのファッションをしている
人をほとんど見かけないですよね?

都会に行けば行くほど、人はおしゃれに
なっているのは確か。

もしあなたが、
今度の休日に地方から東京に遊びに行く
 事になった

進学や転勤、結婚で、東京で暮らす
 事になった

出張で今度東京に行くようになった

経営者の方、東京に行くようになった

「…etc」

そんな時、東京に何を着て行けばいいか
焦りますよね?

東京に住んでいる人はみんなオシャレで
垢ぬけていそう……!

いつも地方で着ている服で東京に出かけたら
恥ずかしい?

東京で浮かない服はどんな服?

田舎者って思われない服って…?

結論から言えば、東京(都会)と
地方(田舎)にはファッション格差は
やはりあります!

東京は日本の首都であり、流行の発信地、
やはり地方よりもファッションの最先端を
担っていることは間違いありません。

それに東京などの大都市にいないと
手に入らない「垢抜け感」というものも
存在します。

とはいえ、田舎に住んでいるからといって、
みんながファッションに関心がないわけでは
ありませんよね。

買い物に不自由な地方でも、自分らしい
ファッションを追求している人もたくさん
いることも事実です。

ファッションで考えると地方の人は
東京=オシャレ」と思いがちですが、
東京だからと言ってみんながみんながみんな
オシャレなわけでも、流行を追いかけている
わけでもありません。

また、東京には「浮いている人」がいる
ことも事実。

それは一体なぜなのでしょうか?

オシャレしなきゃ!」と張り切りすぎている!

オシャレ=着飾ること」だと思いすぎている!

一方で頑張ってオシャレをしているが、
どうしても垢抜けないという人も実際いるのです。

次回はどこに行っても通用する大人の
メンズファッション、

いつでもどこでも第一印象で勝つファッション
についてお伝えしていきます。

関連記事